北海道にある工房では、とんぼ玉やアクセサリーなどのガラス作り体験ができます。

北海道でガラス作り体験できる所

北海道でガラス作り体験ができる所をまとめました。
料金や作れる物など施設情報の詳細まで公開しています。

 

なお、2020年より営業時間の変更や臨時休業を行うガラス工房が増えていますので、足を運ぶ際は施設の公式情報をご確認ください。

 

北海道の美術館情報はこちら

 

 

深山峠アートパーク

深山峠アートパークの公式HPスクショ

 

住所 北海道空知郡上富良野町西8線北33号
営業時間 9:00~17:00(6~8月は18時まで営業)
定休日 水曜日
料金 入場料1,300円(一般・大人)+体験メニュー600円~
作れるもの エッチンググラス、エッチングフレーム
URL http://tokachidake.com/art/index.html

 

富良野町にある美術館や観覧車を併設した複合施設です。
ガラスに特化した美術館ではありませんが、トリックアートやアイス工房が入っているので、カップルやファミリーから人気を集めています。

 

ガラス作り体験は美術館のアート体験コーナーで利用できます。
お洒落なエッチンググラスやエッチングフレーム(フォトフレーム)を600~700円で作れますよ。

 

 

グラス・フォレストin富良野

グラス・フォレストin富良野のスクリーンショット

 

住所 北海道富良野市字麓郷市街地3
営業時間 9:00~18:00(夏期は19時まで営業)
定休日 なし
料金 1,000~3,500円
作れるもの しばれ硝子、とんぼ玉、サンキャッチャー、ミニチュアドーム、グラスデコレーションなど
URL https://furano-glass.jimdofree.com/

 

「6種の硝子を体験する館」のコンセプトを持った人気観光スポットです。
幅広い硝子作り体験ができますが、目玉になっているのはご当地ガラスの「しばれ硝子」
時間の経過とともに自然にヒビが入っていく構造で、製作後もデザイン性の変化を感じられます。
もちろん使用に支障が出るヒビではなく、デザインを楽しめるヒビが増えていく流れです。

 

6つの館から構成させる施設で、1号館と7号館でガラス作り体験ができます。
残り4つの館ではガラスアートの展示やガラス雑貨の販売を行っています。

 

 

M’s craft market

M’s craft marketのホームページ画像

 

住所 北海道札幌市中央区北2条東1-4-9 アーバンコート武蔵野302内
営業時間 1日1~2回のガラス作り体験を開催(公式サイトのカレンダーを要確認)
定休日 不定休
料金 2,750~4,500円
作れるもの アクセサリー、豆皿、帯留め
URL https://www.mscraft.shop/

 

札幌で本格的なベネチアンガラス作りを体験できます。
定番の宙吹きガラスではなく、板ガラスとミルフィオリを組み合わせるガラス製作ですので、気軽に利用できますよ。
自分自身のオリジナルデザインで素敵なアイテムを作ってみてください。

 

 

硝子工房 GLOW

硝子工房GLOWのHPスクリーンショット

 

住所 北海道札幌市北区東茨戸3条2丁目6番14号
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
料金 2,900円~
作れるもの 主にグラス各種
URL https://www.glass-glow.jp/

 

札幌市内にある小さな吹きガラス工房です。
本格的な宙吹きガラスを体験することができ、体験のほかに複数回通って難易度が高いガラス作りを目指す吹きグラス教室を用意しています。
体験教室でもオプションを付ければ泡模様、ひび模様、取っ手付き(ジョッキ)のデザインが可能です。

 

 

生田ガラス館・函館(生田ステンドグラス)

生田ガラス館のスクショ画像

 

住所 北海道函館市大町1-33(元町ガラス工房の地階)
営業時間 9:00~17:45
定休日 土日祝日
料金 1,900円~
作れるもの ステングラス(窓飾り、フォトフレーム、小物入れなど)
URL http://www.ikutaglass.jp/glass/

 

北海道では珍しいステンドグラス作りができる施設です。
複数名の先生が常駐しているので、初心者でも満足のいく仕上がりになると評判です。

 

実際に教会などで使われているステンドグラスの製作・修理を行っているガラス工房で、土日祝日が休みになる点は注意です。

TOPへ