多くの種類があるガラス製品の中でも、世界的に有名なボヘミアングラスをご紹介します。

ボヘミアングラスとは

ボヘミアングラス(ボヘミアガラス)とは、現在のチェコにあたるボヘミア地方で作られるガラスの総称です。
ボヘミア地方は上質なガラスの原料が豊富なことで知られ、9世紀頃からガラスが作られていた歴史を持ちます。

 

ボヘミアガラスには安価な日用品から職人が細工を施した工芸品まで幅広い種類があり、一般的には鑑賞用の目的が強い工芸品がボヘミアングラスと呼ばれています。

 

ボヘミア地方でガラス製造が盛んになった12世紀では、ヴェネツィアングラスが高く評価されていました。
そのヴェネツィアングラスに対抗するべき、ヴェネチアのガラス職人や宝石職人を呼び寄せて独自の高品質ガラスの製作に取り組むようになりました。
当時はガラス技術の囲い込みをする国が多く、ヴェネツィアのガラス職人は外に出ると死罪になることもある中で、ボヘミアの王様たちが積極的な誘致を進めていました。

ボヘミアングラスのイメージ画像

 

結果的にヴェネツィアングラスの技術を応用することに成功し、さらに独自の製法を加えるなど、スタイルを多様化しました。
材料の品質に優れているアドバンテージから、世界シェア1位にまで成長を成し遂げたのです。

 

なお、ボヘミアングラスとして独自のブランドを確立したのは16世紀頃からと言われています。

 

 

ボヘミアングラスの代表作品は花瓶

ボヘミアングラスは、上質な材料だけではなく、職人にしか作れない精巧なデザイン性が特徴です。
宝石職人を活用したこともあり、細部にまでこだわった複雑な彫刻が施されている作品が多いですが、彫刻だけではなくガラスの形も複雑なものが人気です。
渦を描くなど、複雑な曲線を描いた作品が多く、代表作品の多くは花瓶です。

 

透明感が高いカリガラスが中心なので、花を入れた時の相性が抜群です。
曲線だけではなく、高いカット技術も併用しているので、一目見るだけで手の込んだ作品だと分かる創造性を持っています。

 

ヴェネツィアングラスとの違いは?

素材や細かい工法に若干の違いがありますが、もともとヴェネツィアのガラス職人を引き抜いてきた経緯があるため、大半の作品は見た目に大きな違いがありません。
ガラスに詳しい人でも、見ただけでヴェネツィアングラスとボヘミアングラスの違いを完璧に見極められる人はほとんどいないでしょう。

 

作られた地域によって名称が分かれていますが、どちらも世界的に高く評価されているブランドガラスであることに変わりはありません。時代によって強度の違いが見られるので、アンティーク品を購入する際はガラスの種類をしっかり確認しておく必要があります。

 

 

グラスや花瓶を手軽に買える

ボヘミアングラスのおおよその価格は?

カットや湾曲など複雑な形状をしたアンティーク物のボヘミアングラスは高いですが、オーソドックスなグラスにカットと彫刻によってデザイン性を出したボヘミアングラスは手軽に購入できます。
大半は職人ではなく機械で作られたものですが、グラスで3~5千円、花瓶でも1万円前後で購入できます。
全般的にヴェネツィアングラスよりも国内での流通価格が安いので、手軽に世界を代表するガラス製品を使いたい方にオススメです。

 

TOPへ